点取り占いの遊び方
 

点取占いのあそび方

@ 白○の点を合計します__点
A 黒●の点を合計します__点
B 半(白黒半分の絵)の点を合計します__点

@の合計よりAの合計を引きます。
+の場合、Bの合計をたします。
−の場合、Bの合計を引きます。

総合計点数があなたの点数です。50点以上がでれば上々さらにガンバロウ。50点以下がでれば反省することあり。

白○黒●のそれぞれの一番点の多い「ことば」に注意してみよう。白○のすすめについてはできればやってみましょう。

2人で同時にうらなう時は、ゲームができます。
合計点の多いほうが勝ち!
 左にあるのが点取り占いの(ケースの)裏に書かれている、点取り占いの公式ルールですが、ちょっと観ればもう突っ込みどころが満載のルールです。

@まず大前提として、占いで遊ぼうという考えが間違えてます。占いは遊びじゃないです。

Aそして駄菓子屋で売られている以上対象は子供です。なのに「50点以上であれば上々」・・・上々って、大人語ですよ。

B上々とちょっと上からの発言の後にある「できればやってみましょう」のやや弱気の発言に自信のなさが・・・まぁもっとも「やってみましょう」とかで

「月世界へ行けるだろう」とか言われてもできないけど…

C本来ならお助けルールである
  @の合計よりAの合計を引きます。
  +の場合、Bの合計をたします。
  −の場合、Bの合計を引きます。

このくだり、逆転を謳うならむしろ+−は逆にすべきなのに…これじゃぁ差は広がるばかりだ・・・ちなみに+とーではほぼ確実に+になるんですよこれ。
(−は主に1〜3点 +は主に7〜10点 一枚+があればほぼすべてのーが吸収されます。)

 でもいいんです。だってこれはゲームですから(w







SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO